気になる映画を紹介していきます!


by hanawotoko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
d0044413_0375978.jpg
Director:本広克行
Starring:
上野樹里「スウイングガールズ」「亀は意外と早く泳ぐ」
瑛太「青い春」「空中庭園」

『交渉人 真下正義』の本広克行監督が、京都の劇団「ヨーロッパ企画」が手がけた舞台劇「サマータイムマシン・ブルース2003」を映画化した作品。主演はドラマや映画で大活躍の瑛太と『スウィングガールズ』の上野樹里。エンディングテーマはTommy heavenly6が書き下ろしている。突如現れたタイムマシーンに翻弄(ほんろう)される若者をコミカルに描く。
STORY
とある大学のSF研究会の部室には、前日にクーラーのリモコンが壊れ、猛暑に悩む部員たちがいた。ところが彼らは部屋の隅にタイムマシンがあることを発見、「昨日に戻ってリモコンを取ってこよう」ということになり、乗り込んでみるが……。

公式HP
http://stmb.playxmovie.com/
[PR]
# by hanawotoko | 2005-07-19 00:40 | 邦画

バス174

d0044413_0184470.jpg

Director:ジョゼ・パジーリャ
Starring:

執念と命がけの年月をかけ、ブラジルの暗黒面をえぐり出した衝撃のドキュメンタリー
<174路線>バスジャック事件の背景にはブラジルの社会のゆがみや貧困、麻薬問題、社会福祉制度の遅れ、警察の横暴など様々な問題点が潜んでいる。パジーリャ監督は、テレビ中継VTRを入手すべく各テレビ局を口説く一方で、2年間に渡ってサンドロの足跡をたどり、取材を拒否する警察にも働きかけるなど奔走した。「バス174」は、執念で入手した莫大な量のVTRを編集すると同時に、サンドロの家族、友人、警官、取材陣、人質らの証言を織り交ぜ、事件の本質と伴にブラジル社会が隠蔽してきた恥部を暴き出した衝撃的なドキュメンタリーである。

STORY
 2000年6月12日、ブラジルのリオデジャネイロで若い男がバス強盗に失敗、乗客11人が人質になる事件が発生した。犯人はピストルを持ち、人質を楯にバスに立てこもった。瞬く間に多くのメディアが駆けつけ、テレビでの生中継が始まった。状況はこう着、5時間にも及んだ後、犯人は女性の人質1人を連れて、バスを降りた…。


公式HP
http://www.bus174.jp/
[PR]
# by hanawotoko | 2005-07-19 00:20 | 洋画

ハサミ男

d0044413_1302071.jpg

Director:池田敏春
Starring:豊川悦司、麻生久美子

1999年に刊行された殊能将之の小説『ハサミ男』。
映像化不可能と言われた禁断のサイコ・スリラーを
鬼才・池田敏春監督が完全映画化。


STORY
ある地方都市。半年もの間に2人の女子高生が殺される。
被害者の喉には、深くハサミが突きたてられていた。
連日報道されるTVのワイドショー。
マスコミはこの特殊なサイコキラーを“ハサミ男”と呼んだ。

今また、第三の死体が知夏(麻生久美子)と安永(豊川悦司)の前に転がっている。
ジョギング中の男・日高(斉藤歩)に見られてしまった。
“違う、これは私たちの凶行ではない”。
ふたりは自らに捜査が及ぶ前に、この謎の
“ハサミ男”を突き止めねばならない立場に追い込まれる…。

公式HP
http://www.media-b.co.jp/hasami/
[PR]
# by hanawotoko | 2005-06-19 01:31 | 邦画

メゾン・ド・ヒミコ

d0044413_0504453.jpg

Director:犬童一心「ジョゼと虎と魚たち」「金髪の草原」
Starring:オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯


「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心監督×渡辺あや脚本コンビによる感動の第二弾!
優しさと哀しさが宿るゲイのための老人ホーム
「メゾン・ド・ヒミコ」を舞台に、人間の生と死、愛と絆、
そして欲望と希望を描くオリジナル・ストーリー。


STORY
 ゲイである父親を嫌い否定して生きてきた沙織のもとに、父の恋人・春彦が現れる。その若くて美しい青年は、父が癌で余命幾ばくもない事を伝え、沙織に父が創立したゲイのための老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」を手伝わないかと誘った・・・。

公式HP
http://www.himiko-movie.com/
[PR]
# by hanawotoko | 2005-06-15 00:58 | 邦画
d0044413_0442899.jpg

Director:オリヴァー・ヒルシュビーゲル「es」
Starring:ブルーノ・ガンツ「ベルリン・天使の詩」、アレクサンドラ・マリア・ラーラ

 独裁者ヒトラーの最後の日々を女性秘書の視点で描く重厚なドラマ。

 本国ドイツでは公開されるや、戦後初めて明かされる衝撃の事実に人々の論争は激化、映画の枠を飛び越え公開自体が一つの“事件”として大きな社会現象を巻き起こすこととなった問題作。また、一部の政治的逆風にさらされながらも本年度アカデミー賞外国語映画賞に見事ノミネートされた。

STORY
 1945年4月20日、ベルリン、ドイツ首相官邸地下要塞。この日アドルフ・ヒトラーは56歳の誕生日を迎えた。せまりくるソ連軍の砲火、次々と失われていくドイツ軍。加速度的に悪化する絶望的状況に、もはや正常な感覚を失っていた彼は、破滅の道を急速に転がり堕ちていく・・・。


公式HP
http://www.hitler-movie.jp/
[PR]
# by hanawotoko | 2005-06-15 00:46 | 洋画

スクラップ・ヘブン

d0044413_0164163.jpg


「69sixtynine」の李 相日(リ・サンイル)監督最新作!
加瀬 亮 × オダギリ ジョー × 栗山 千明


STORY
たまたま乗り合わせた路線バスでバスジャックに遭遇した三人の男女、シンゴ、テツ、サキ。犯人に対して全く無力だった警察官のシンゴは、偶然再会したテツと、世の中の不満を解消する”復讐ゲーム”を始める。医療ミスを隠蔽する医者、子供を虐待するヤンママ、電車の中の携帯女・・・。自由奔放で大胆なテツに引きずられて、二人のゲームはエスカレートしていく。”想像”もしなかったラストに向かって・・・。

公式HP(はまだできてないようなので配給会社)
http://www.shirous.com/jp/index.html
[PR]
# by hanawotoko | 2005-06-14 00:22 | 邦画
d0044413_3495795.jpg


 シスの暗黒卿ダース・ベイダー誕生の秘密が明かされるシリーズ完結編。アナキン役のヘイデン・クリステンセンをはじめ、『クローサー』でゴールデン・グローブ賞を受賞したナタリー・ポートマンのほかユアン・マクレガー、サミュエル・L.ジャクソン、クリストファー・リーなど前作の豪華キャストが集結。映画史上最大の2100カットというデジタル処理は超絶な映像美を作り出した。アナキンとオビ=ワンの最終決戦シーンは映画史に残る迫力。

ストーリー
 クローン大戦が勃発し、アナキン(ヘイデン・クリステンセン)とアミダラ(ナタリー・ポートマン)の秘密の結婚から3年後、分離主義者の勢力はますます拡大。共和国側は窮地に追いこまれていた。アナキンはシス卿のダーク・ティラナス(クリストファー・リー)を死闘の末に倒すが、弟子を失ったシスのマスター、ダース・シディアスは新たな弟子にアナキンを選び、暗黒面に引き込むべく、策略を巡らす。

公式HP
http://www.foxjapan.com/movies/episode3/
[PR]
# by hanawotoko | 2005-06-04 03:48 | 洋画
d0044413_31521.jpg


 アメリカが激動の70年代を歩んでいる中、実際に起きた大統領暗殺未遂事件を映画化した衝撃の問題作。監督は本作でデビューしたニルス・ミュラー。オスカー俳優のショーン・ペンが、正直すぎたゆえに社会に順応できず自ら破滅を招いた男を、圧倒的な存在感と演技力で演じ切った。作品に惚れ込んで主演を承諾したというだけあり、悲哀に満ちた熱演ぶりは鬼気迫るものがあり、まさにショーン・ペンのオンステージ。

ストーリー
 1974年2月。ひとりの男がワシントンのバルチモア国際空港に降り立つ。彼は、ある強い決意を胸に秘めていた。それは、民間機をハイジャックしてホワイトハウスに墜落させ、当時ウォーターゲート事件のただ中にいた大統領、リチャード・ニクソンを暗殺することだった……。

公式HP
http://www.wisepolicy.com/the_assassination_of_richard_nixon/index.html 
[PR]
# by hanawotoko | 2005-06-04 03:20 | 洋画
d0044413_2413489.jpg


 本作は、「サンダーバード」や「三国志」と同じ木製の操り人形劇。「チーム・アメリカ」とは、世界平和維持を任務とする国際警察の秘密組織で、権力に飢えた独裁者がテロリストに大量破壊兵器の仲介をしていることを知った彼らは、世界を救うため困難な任務に乗り出す、というストーリーだ。予告編には、ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ジョージ・クルーニーらに加え、マイケル・ムーア、ジョージ・W・ブッシュ、ジョン・ケリー、キム・ジョンイルの名前が次々と登場。クレジットの後には「この映画を見たら、彼らは猛烈に怒り狂うだろう」と出る。クレジットはないが、オサマ・ビンラディンとおぼしき姿もある。監督はトレイ・パーカー、脚本はパーカー&ストーンとパム・ブレイディが共同であたり、登場人物の声は「サウスパーク」同様、パーカーら自身が担当する。

ストーリー
 地球の平和を守るために結成された警備組織〈チーム・アメリカ〉は、世界を征服しようと企む独裁者がテロリストに大量破壊兵器を売りさばこうと計画していることを突き止める。テロリストの陰謀に対抗するために、〈チーム・アメリカ〉はブロードウェイのスター俳優、ゲイリーをおとり捜査官としてリクルートする。スターになる夢を犠牲にしたくないゲイリーは、悩みに悩んだすえに、自らの演技の才能を意義ある仕事――すなわち世界平和の維持――のために生かすべきだと決心を固める。


公式HP
http://www.teamamerica.jp/
[PR]
# by hanawotoko | 2005-05-30 02:40 | 洋画

サヨナラCOLOR

d0044413_526247.jpg


『無能の人('91)』で鮮烈な監督デビューを飾って以来、多方面で活躍を続ける傍ら秀作を発表し続ける異才・竹中直人監督の『連弾('01)』から四年ぶりとなる待望の新作。
 

ストーリー
 海を臨む病院に勤める医者・正平(竹中直人)の元に、子宮ガンを患い未知子(原田知世)が入院してきた。偶然にも、未知子は正平が高校時代思い焦がれた初恋の人、その当人であった。
気楽に独り身を謳歌しているかに見える正平だが、実は二十数年もの間、未知子を一途に思い続けていたのだ。
すっかり自分のことを忘れている未知子の素振りに傷つきながらも、献身的な治療を施す正平。徐々に回復し、正平に心を開き始めた未知子だったが…。

公式HP
http://www.zaziefilms.com/sayonara-color/index.html#" target=
[PR]
# by hanawotoko | 2005-05-21 05:27 | 邦画