気になる映画を紹介していきます!


by hanawotoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

亀は意外と速く泳ぐ

d0044413_5364538.jpg

これまでに全くなかった、“脱力系”エンターテインメントの誕生!
…何をやっても目立たない平凡な主婦がスパイ募集の張り紙を見つけた!
ドキドキしながら始めたスパイのミッションはなんと、
“平凡に過ごすこと”だった……。
「笑う犬の生活」「トリビアの泉」などで独自の笑いを築いてきた三木聡の長編監督第2作目。上野樹里の可愛らしさと蒼井優の奔放な魅力、個性的な曲者役者と鮮やかでポップな衣装、可愛らしい部屋、レトロな小物などが絶妙に組み合わさり、可愛くて変な作品に仕上がった。

ストーリー
 片倉スズメ(上野樹里)は平凡な主婦。海外単身赴任中の夫に代わり、ペットの亀にエサを与えるだけの単調な日々を送っている。反対に、幼なじみのクジャク(蒼井優)はスケールのデカイことをする女。そんな平凡を嘆くスズメは、ふとしたことからスパイ募集の広告を目にし、典型的な平凡人こそスパイに向いている、ぜひスパイになってほしいと説得され“平凡に過ごす”スパイ活動が始まった……。

公式HP
http://www.kamehaya.com/
[PR]
# by hanawotoko | 2005-05-08 05:36 | 邦画

リンダリンダリンダ

d0044413_5312687.jpg

 『リンダ リンダ リンダ』は、今なお根強い人気を誇るブルーハーツの創成期に生まれた女子高生たちが、文化祭の数日間でブルーハーツの名曲を完全コピー、思ってもみなかった輝きを放っていくバンド・ムービー。ユーモアとせつなさをちりばめながら、つたなくも、いとおしい青い春の達成感をリアルに切り取っていく、笑って泣ける青春映画の傑作である。
 監督は、その類い稀なるコメディセンスと的確な演出力で各方面にじわじわとマニアを増殖させている28歳の若き天才・山下敦弘!
ストーリー
 恵、響子、望の3人は途方に暮れていた。
高校生活最後の文化祭に向けて、オリジナル曲を作って練習を重ねてきたのに、ライブまであと3日という時になってギターの萠が指を骨折、ブチ切れたボーカルの凛子まで抜けてバンドが空中分解してしまったのだ。部室で一本のテープを再生すると、聴き覚えのある曲が流れて来た。
♪ドブネズミみたいに 美しくなりたい―― 「!!!」
次の瞬間、3人は「リンダリンダ~」と飛び跳ねていた。
「これなら私もギター弾ける!」などと、デカイことを言っている本来はキーボードの恵。その場の勢いでそばを通りかかった韓国からの留学生・ソンに声をかけたところ、なにを思ったかソンはボーカルを引き受けてしまう。

公式HP
http://www.linda3.com/
[PR]
# by hanawotoko | 2005-05-08 05:26 | 邦画
d0044413_58351.gif

『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』で、数々の映画賞を受賞し、世界中の映画ファンを
虜にした≪天才監督≫ウェス・アンダーソンによる待望の最新作!!

広大な海を舞台に描き出される、ポップでスタイリッシュな映像世界。

ストーリー 
 主人公は、(現在は落ち目と噂される)世界的に有名な海洋探検家にして、海洋ドキュメンタリー監督のスティーヴ・ズィスー。横柄で傲慢、自分勝手で超自己チューなのに、どこか憎めない男。
ある日、そんなズィスーの前に、ズィスーの元恋人の息子で、(彼いわく「たぶん」)ズィスーの息子という青年が現れた。ズィスーは、クセ者ぞろいの映画製作集団、“チーム・ズィスー”に彼を誘うと、幻の“ジャガーザメ”に殺された仲間の仇を討つために、そして失われた名誉を取り戻すために、最後の航海へ-。
そこには、思わぬ“悲劇”が彼らを待ち受けていた。

公式HP
http://www.movies.co.jp/lifeaquatic/
[PR]
# by hanawotoko | 2005-05-08 05:08 | 洋画

コーヒー&シガレッツ

d0044413_4534893.jpg


 「ミステリートレイン」「ストレンジャーザンパラダイス」のジムジャームッシュ最新劇場公開作品。コーヒーとタバコにまつわる11編の短編。

ストーリー
 待ち合わせして会ったのに、大して話もできず居心地悪そうなロベルトとスティーブン。ジョイ&サンキ・リーは、変な顔の店員に付きまとわれる。イギーとトムはおかしな自説で禁煙を破り、パリでは、アレックスとイザックが「問題なし」の押し問答。メグとジャックは共鳴体の実験中で、ビル・マーレイは深夜のカフェでアルバイト。2人の熟練俳優は、撮影の合間にコーヒーとタバコで人生を祝う。

公式HP
http://coffee-c.com/
[PR]
# by hanawotoko | 2005-05-08 04:53 | 洋画

緑玉紳士

d0044413_4481391.jpg
 

 ニック・パーク監督の傑作クレイ・アニメ「ウォレスとグルミット/ペンギンに気をつけろ!」を観てこの道に進むことを決意したという新鋭クリエイターの栗田やすおが4年半の歳月をかけ、たった一人で制作した渾身のパペット・アニメーション

ストーリー
 老舗メガネ屋<眼鏡紳士>の跡取息子、グリーンピースは、店には置けないような変テコなメガネを売りたいがため、トランク一つで家出をした。行く先々で、メガネの露店商をしながらの放浪の旅。たまに次元を間違えて、人間界のピラフに紛れ込み子供を泣かしたりすることもあったが、商売するなら大都会と思い、大きな赤い吊橋を渡り、摩天楼輝く<テーブルスクウエア>に向かった。そこでうっかり商売道具の変テコメガネがいっぱいつまったトランクを置き忘れ、封印が解けてドクロコインから抜け出したメガネ大好きの悪魔・ジョーカーにトランクを奪われてしまう。命より大事なトランクを取り戻すため、赤いスロットマシーンに飛び込んだグリーンピースは、悪魔の世界<ブラックフット>に計らずもワープしてしまう。異界で待ち受けていたのは、とんでもなく奇妙で間抜けな<悪魔族>の一味であった。果たしてグリーンピースは大事なトランクを取り戻せるのか。また無事にこちらの世界に戻れるのか!

公式HP
http://www.ryokutama.jp/
[PR]
# by hanawotoko | 2005-05-08 04:48 | クレイアニメ